トップページ

看護師の婚活事情|ナースが結婚するためにすべきこと!

看護師さんはお盆休みも年末年始休みもなく、病院によっては早出や夜勤など仕事中心の生活になりがち…。特殊な仕事のため、彼との関係や婚活がうまく行かずに悩んでいるというお声もよく聞きます。

しかし、看護師に合った正しい婚活を行えば、きっとあなたも素敵な男性と結婚できます!看護師さんが結婚するために必要な情報を全てまとめました。

看護師の婚活市場を知ろう!

看護師の婚活市場を知ろう!婚活をはじめる前に看護師の婚活市場の現実を知っておきましょう。看護師は男性から人気の職業ですが、看護師の未婚率は「一般女性の未婚率よりも高い」といわれているんですよ。2016年の国税局のデータで女性30~34歳の未婚率は、34.6%といわれています。その中で「リクルートのナースフル」の調査によれば、看護師の30~34歳の未婚率は約50%といわれています。

看護師の職場は、女性が圧倒的に多いため出会いが必然的に少なくなります。病院の規模にもよりますが、病院に勤めている男女比の平均は男性:3割、女性:7割といわれてます。さらに看護師の男女の割合は、厚生労働省のデータによると女性が約92%、男性が約8%です。つまり、自らから積極的に行動しないと素敵な男性と出会う機会はありません。

出典:(総務省統計局「平成27年国勢調査結果
参照:(平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況

看護師に出会いが少ない5つの理由

看護師に出会いが少ない5つの理由について
献身的な看護と清潔感のある身なりから「白衣の天使」などと称される事もある看護師ですが、実際は休日出勤や夜勤も多いハードな職業でもあります。

プライベートも不規則な生活になりがちで、異性との新しいで出会いが中々訪れないという悩みを持つ看護師も少なくありません。しかし、看護師という仕事に従事しながら恋愛をこなして、結婚まで漕ぎつける人が居るのもまた事実です。看護師に出会いの少ない理由は5つあります。

詳しく解説します。

不規則な勤務形態

不規則な勤務形態
看護師は勤務時間が不規則のため恋人と時間を共有することが難しいです。そのため予定を合せて旅行に行ったり、記念日の夜にディナーを楽しむといった機会を設けにくく、恋人ができてもなかなか結婚まで辿りつかないケースも多いのです。そもそも男性と出会うための時間すらないという看護師も多いのでしょう。

職場での出会いが少ない

職場での出会いが少ない
一般的な病院の男女比率は女性:7割、男性:3割といわれています。病院には素敵なお医者さんもいますが、その競争率はかなり高いです。素敵なお医者さんはすでに結婚しているということも多いでしょう。

相手から求められる人柄とのギャップ

相手から求められる人柄とのギャップ
看護師といえば、白衣の天使といった固定観念を持ちがちですが、実際の仕事はかなりハードです。優しさや思いやりだけでなく、積極性や機敏さが求められます。相手からすると優しい女性だと思っていたのが意外に言葉がきついといったギャップを感じることとなってしまいます。

「1人でも生きていける」と思ってしまっている

1人でも生きていける
職場に結婚をせずにバリバリ働いている先輩はいませんか?性格もしっかり者が多く、結婚しなくても、1人で行けてしまいます。結婚が全てではありませんが、このように考えてしまうと結婚から遠ざかってしまします。たまには、看護師以外の友人とも結婚について話してみるのも良いでしょう。

看護師が男性と出会う方法は?

看護師が異性と出会う場所
看護師のみなさんは一体どこで男性と出会いっているのでしょうか!?看護師さんが男性と出会っている方法は下記の3つです。

①友人の紹介や合コンで出会う

職場以外で看護師が出会いのきっかけとしているものには「友人の紹介や合コン」がよく挙げられます。広い交友関係を持っている友人が居れば、自分の好みや性格を把握してもらった上で相性の良さそうな知人を紹介してもらえる可能性が高いです。

看護師の仕事に理解のある人を紹介して欲しいのであれば、彼氏・彼女持ちの看護師仲間に知人を紹介してもらうのがベストと言えるでしょう。合コンの場合は一度に色んな人と知り合えるというのがメリットです。

特に看護師は合コンの場で人気のある職業であり、男性からの注目を集めやすいとも言えるでしょう。ただし、逆に言えば「献身的」「おっとりしている」といった世間的なイメージも強いので、こうした先入観に対して居心地の悪さを感じる人も少なくありません。

②マッチングアプリを利用する

最初から結婚を視野に入れた真剣な交際を望んでいるのであれば、マッチングアプリや結婚相談所を利用するというのも一つの手段です。性格・職業・年収・趣味など相手に求める条件を細かく指定する事も出来るので、自分好みの相手を見つけられる可能性は高いと言えるでしょう。

あくまでプロフィール上でのマッチングなので、実際に会ってみて自分と相性が良いかしっかり見極める事が大切です。登録さえ済ませておけば自分のプロフィールに興味を持ってくれた人からのアプローチも期待できます。

③職場での出会い

看護師が異性と出会う場所としてもっとも身近なのは、やはり「職場」と言えるでしょう!看護師になってから異性と付き合い始めた人へのアンケート結果では、実に約60%もの人が職場で交際相手を見つけているというデータもあります。

看護師の職場での人間関係と言うと同僚や先輩・後輩、医師の先生といった人達をイメージするでしょう。

しかし、病院には資材を納品する業者や医療関係メーカーの営業、さらに言えば患者さんも人間関係のひとつして数えられます。他愛のない世間話などから親密な関係に発展していくケースも多いようです。

看護師とMRの恋愛はうまくいく?MRと付き合う魅力を解説

とにかく仕事が忙しい!他の看護師は恋愛どうしてるの?

看護師は恋愛どうしてるの?
看護師の恋愛では「相性の良い男性と出会って交際関係になったものの、仕事が忙しくて中々上手くいかない!」といった事も珍しくはありません。忙しい仕事の合間を縫って交際関係を続けるには、それなりの工夫が必要になります。

短い時間のデートをする

相手との関係を親密なものに深めていくには、やはりデートが効果的です。例えば同じ職場恋愛の場合であればお互いのシフトも把握しやすく、休みを合わせて1日デートを楽しむ事も比較的容易かも知れません。しかし、相手の仕事が土日休みで固定されていた場合は、現実的に考えて自分の休みを相手方に合わせるのが良いでしょう。

逆に言えば、自分が土日のどちらかで一日休もしくは半日休を取る事が出来ればデートの計画は立てやすいとも言えます。お互い1日中休みの日が中々合わせられないようであれば、仕事の後に軽い食事へ出かけるだけのデートもおススメです。

勤務直後ではお化粧やおしゃれを楽しむ余裕はないかも知れませんが、ある意味では着飾らないありのままの自分を見てもらえる機会であるとも言えます。どんな自分でも受け入れてくれるような男性であれば、短い時間のデートでも喜んでくれるでしょう。

定期的に会うことが大切!

長期間会う機会がないと、どうしても気持ちが冷めてしまったり意思がすれ違ってしまったりしがちなのが人間です。まずは短い時間でもデートの機会を作り、お互いの事をもっと知り合う場を設けましょう。デートの場所はなにも外である必要はありません。いわゆる「お家デート」というのも看護師におススメの手段です。

普段の仕事で疲れが溜まっているので、休日はあまり遠出したくないという人も多いのではないでしょうか。自分の家、或いは彼の家であればゆっくりくつろげますし、周囲の目を気にする必要もありません。休日に2人だけの時間を楽しむというのも立派なデートと言えるでしょう。

画を一緒に観たり、料理が得意なら彼に作ってあげるのも良いですよね。ハードなワークスタイルの看護師にとって、お家デートは心身ともに安らぎを感じられる貴重な時間なのです。お出かけしない分出費が抑えられるので、比較的お財布に優しいというのもポイントでしょう。お出かけとお家デートを上手く使い分ける事でメリハリが付くので、一緒に居る時間にマンネリ感が出にくいのでおすすめです。

看護師と相性が良いのはどんな男性?

看護師と相性が良いのはどんな男性?
どんな性格の人が好みかは人ぞれぞれであり、自分と相性が良いかどうかは付き合ってみないと分からない事も多いです。
看護師という特殊な仕事の特性上、相性の良いタイプの異性にはある程度の傾向が見られます。

「絶対こういう人じゃないと交際が上手くいかない!」というものではないので、あくまで相手選びの参考のひとつとして覚えておくと良いでしょう。

看護師という仕事は勤務時間が不規則になりがちなので、異性と交際しても一緒に過ごす時間が作りにくいという悩みを持つ人も少なくありません。あまり気が長くない男性とは長続きしないというのが一般的なようです。

そういう意味では、多少会えない期間が続いても我慢してくれるような、心の広い男性が看護師と相性が良いと言えるでしょう。

結婚生活の事まで考えると、勤務時間が不規則となると家事や子育てにはパートナーの理解が大切になります。

看護師には癒し系男子がおすすめ

癒し系男子
自分を支えてくれるような、優しさと包容力を持った男性を探してみましょう。人の命を扱う看護師の仕事では、緊張状態が長時間続くため疲労感を感じやすいと言えます。

そのため仕事から帰って疲れている自分をホッとさせてくれるような「癒し系男子」が看護師におすすめの異性です。見た目に愛嬌がある・ちょっと気が抜けた行動が可愛い・よく自分を気遣ってくれるなど、人によって異性のどんなところに癒しを感じるかは異なるでしょう。

自分の疲れを少しでも紛らわせてくれるような存在だと思えれば、それがあなたにとって心の拠り所であり生涯のパートナーともなり得るのです。仕事で患者さんを癒す代わりに、プライベートではパートナーに自分を癒してもらうのも良いでしょう。

また、勤務時間が不規則な看護師には同じ様に勤務時間が不規則な仕事に就いている人がマッチするというケースもあります。この場合は「お互い仕事の時間が不規則なのである程度のすれ違いは仕方ない」という共通認識を予め持っておく事が重要です。

この点においてはやはり同業である看護師や医師は相性が良いと言えるでしょう。「勤務時間が不規則」「人の命に関わる仕事」という共通点がある事から、消防士や警察官といった仕事に就く男性には親近感を感じやすいとも言われています。

看護師は結婚相手として地雷と言われる理由は?

看護師は結婚相手として地雷?婚活で看護師が地雷と言われる理由は?
婚活の場で看護師は白衣の天使として人気の職業です。一方で、「結婚相手として地雷」と噂されることもあるようです。看護師は地雷と先入観を持たれては婚活で不利になりそうですよね。

看護師という職業に従事している女性は素敵な方がたくさんいます!職業でそのような先入観を持たれるのは納得いきませんよね。看護師が結婚相手として地雷と言われる理由は、4つあります。そして、その解決策も併せてご紹介していきます!

①プライドが高い

看護師が結婚相手として地雷と呼ばれる理由の一つとして、プライドの高さが考えられます。看護師として従事している方は国家試験を乗り越え、大変な苦労をして就職しています。

その為、他の職業よりもプライドが高い方も多いです。そのためか、結婚相手としては身構えてしまう男性もいるかもしれません。

自分の職業に誇りを持っていることはよいことです。看護師をしている方の中には、結婚後も仕事を続けたいと考える方も多いですよね。しかし、結婚後に家庭へ入ってほしいと考える男性とは意見がぶつかります。

看護師の中には仕事を第一に考える方も多く、異性と意見がぶつかることも考えられます。もっとも、近年では夫婦共働きの世帯も多く仕事を続けることに関しては問題無いかもしれません。

自分の職業のプライドを持ち懸命に働く女性は非常に魅力的です。看護師という職業に理解があり、尊重してくれるような男性を選びましょう。

②勤務体系が不規則

看護師が地雷と呼ばれる理由として、勤務体系が不規則である点も考えられます。看護師は、勤務している場所によっては夜勤があり不規則なシフトの場合もあります。

こちらは、地雷というよりは生活リズムの合う男性が見つかりづらい点が懸念されることが問題です。生活リズムの合わない相手との結婚生活は考えにくい場合があります。そういった点で、結婚を考える相手としてデメリットになるかもしれません。

カレンダー通りで、昼間に働く会社員とは勤務時間が大きく異なります。生活する時間が違うとお互いの生活がすれ違うことが考えられます。しかし、不規則な勤務体系の職業は看護師だけではありません。

他にも、「医療系の職業の男性」「シフト制の会社員」「公務員(警察官・消防士・救急隊員など)」「サービス・接客・販売業」などが考えられます。お相手の勤務体系もシフト制であれば不規則な勤務体系同士で理解が得られるかもしれません。

③理想が高い

「プライドの高さ」や「給料の高さ」からも読み取れるように男性への理想が高い看護師の方も多いです。お相手にも自分と同じかそれ以上に仕事ができる事や給料の高さを求める場合がありますハードルが高くなるとそもそも結婚したいと思える男性も少なくなってしまいます。

男性に多くを求めすぎず、一緒に生活して落ち着けそうな相手を選びましょう!結婚相手は、一生を共に過ごすパートナーです。

自分の理想通りの相手を探すことも大切ですが、「一緒にいて落ち着けるか」や「自分を大切にしてくれそうか」など、スペックばかりを気にせず自分にあった相手を選ぶことも重要です。

看護師は給料高いから結婚できない?

看護師は給料が高いから結婚できない?看護師が結婚できない理由は...
「看護師は給料高いから結婚できない」なんて聞いたことはありませんか?看護師は、看護師として働きだすまでに資格が必要であったり多大な努力が必要です。

また、人の命と隣り合わせのお仕事なので苦労することも多くあります。看護師は人々の暮らしになくてはならない職業なので、全体的に見ても給料が高いといえます。

一見、給料が高く結婚相手にも向いているように感じますが…どうして看護師は給料が高いから結婚できないと言われているのでしょうか?

給料が高いことはマイナスにはならない気もしますが、結婚できないのは以下のような理由が考えられます。

①給与が高く生活が安定している結婚する必要がない

看護師の給料は高く、自分一人でも十分安定した生活を送ることができます。現代では、専業主婦になる女性ばかりではなく共働きの世帯も多いです。しかし、将来のことを考えて安定した生活を送りたいといった理由で婚活に励む女性も多いです。

看護師として働いていると、暮らしていく上で十分な給料を得られます。看護師の中には、そもそも結婚する必要がないと考える女性も多いようです。

むしろ、結婚する相手によっては生活水準が下がる可能性もあります。男性側の稼ぎが少ないと、看護師として従事する女性の方に負担がかかる場合もあります。

以上のような理由からそもそも結婚願望が低い女性も多いです。給料が高いと結婚できない、または結婚しない人が多いと言われていることがあります。

②男性より給料が高いので男性が気後れしてしまう

看護師をしていると男性より給料が高い場合があります。自分より稼いでいる女性に対して気後れしてしまう男性もいるようです。やはり、現代も女性を引っ張り養いたいと考える男性は多いようです。

もっとも、こちらに関しては結婚相手が自分より給料が高くても気にしないという男性も多いというデータもでています。看護師の給料が高いから結婚相手の候補からは外すとは考えにくいです。

男性より稼いでいるからといってその点を気にする必要はないかもしれません。

③男性の年収への理想が高すぎる

看護師は給料が高いので男性の年収への理想が自然と高くなってしまうことがあります。自分が稼いでいるので相手も同じくらい稼いでいてほしいと考える女性もいます。

また、絶対に自分より稼いでいる人と結婚したいという看護師の女性も多いようです。25歳~35歳の男性の年収の平均値はおおよそ300万~450万などです。それに対し、看護師の給料は400万~500万など同世代の男性に比べると給料が高いと言えます。

看護師でも総合病院・大学病院・クリニック・その他(介護施設など)によって給料は大きく異なります。しかし、世間的に見ても看護師の給料は比較的高給と言えるでしょう。

そのため、男性の年収への理想も高い女性が多くなかなか結婚できないこともあるようです。

④お金の使い方が荒い

看護師は給料が高いのでお金の使い方が荒い場合があります。もちろん、看護師でも倹約家の方も多く全ての女性に当てはまるわけではありません。しかし、海外旅行へ行くことが趣味など支出が多い方もいます。

自分と金銭感覚が合わないと結婚相手として意識されにくい場合があります。実際に、金銭感覚が合わない人との生活は想像しづらいですよね。他にもついつい稼いだ分だけブランド物やエステなどに散財する方もいるようです。

自分で一生懸命稼いだ給料なので好きに使うべきです。ただし、家庭的な女性を理想とする男性からは敬遠されることが考えられます。

給料が高いから結婚できないわけではない!看護師が結婚するには?

先ほどは、看護師は給料が高いから結婚できないと言われる理由を紹介しました。では、給料が一般的な男性よりも高い看護師が結婚するにはどうすればよいでしょうか。

①看護師の給料と相手の給料を比べない

看護師の給料と相手の給料を比べないことが大切です。婚活においてお互いの給料は非常に気になる点です。給料に重点を置きすぎると相手にも不快な思いをさせる可能性があります。

婚活においてお互いの給料は非常に気になる点ですが、初対面から相手の給料を探るのは失礼です。ある程度の稼ぎは生きていく上で必要です。しかし、お金以上に一緒にいて違和感がないか落ち着けるかも重要です。

まずは、相手と自分の相性が合うか、一緒にいてしっくりくるかなど相手の内面に注目しましょう。

②相手の年収への理想を高くしない

相手の年収への理想を高く持たないことも大切です。看護師は自分が稼いでいるので相手への年収のハードルも自然と高くなっている場合があります。しかし、婚活の場で、相手の年収を聞くのは困難です。

かといって生活水準は落としたくない!年収の高い男性がいい!という方も多いと思います。
理想通りの年収の男性を探す方法としては、以下のような方法が考えられます。

  • 結婚相談所を活用する
  • 婚活アプリを使う
  • ハイスペック婚活パーティーに行く

などが考えられます。

上記の方法であれば、直接男性に聞かなくても男性の年収の提示がされている場合が多いです。結婚相談所やハイスペック婚活パーティーなどでは、年収の提示が必須のこともあります。

まり先輩
まり先輩
もっとも、婚活アプリや婚活パーティーは年収の信ぴょう性が低い場合もあります。残念ながら婚活アプリは簡単に嘘をつくこともできるので相手を見極める必要がありますその点、結婚相談所は、書類の提出なども義務付けられていることも多く安心です!

年収を重視していると「お金目当て」と否定されることもあるかもしれません。しかし、現実問題として相手の年収は自分のこれからの生活にも大きく影響します。

相手の見た目や中身だけではなく、年収などスペックを重視する方は結婚相談所で婚活をするとよいかもしれません。

③金銭感覚をしっかり持つ

金銭感覚をしっかり持ち、相手に結婚生活を想像させることが大切です。金銭感覚は人それぞれですが、浪費家よりも自制ができる女性の方が結婚後の生活が考えやすいです。

無理やり節約する必要はありません。無駄な浪費をせず、適切な給料の使い方を心がけましょう!金銭感覚が合わない相手を選んでしまうと、結婚後の生活にも違和感や不満が生じる可能性があります。趣味趣向以上に、金銭感覚が合う相手を選ぶというのは結婚生活の上で重要と言えます。

婚活で病んでしまった場合はどうすればいい?

看護師は婚活で病んでいる?婚活で病んでいる場合はどうする?
「婚活に励んでいるのになかなか結婚できなくて辛い…」一生懸命、婚活に励んだとしてもなかなか上手くいかないことがあります。

看護師さんの中でも婚活で病んでいる方が多くいらっしゃるかもしれません。幸せになるための婚活で病んでいるのは本末転倒ですよね。
婚活で病んでしまう理由と婚活で病んでしまった場合の対処法を詳しく見ていきましょう。

①理想が高く、結婚したい相手が見つからず病んでいる

まったく結婚したい相手が見つからず病んでいる場合があります。看護師は責任の重い仕事なのでプライドが高い方が多いです。また、男性よりも高い給料を貰っている方もいらっしゃいます。

ゆえに、相手の男性にも自分以上に仕事ができ、高給取りであることを求める方もいます。理想が高ければ高いほど結婚したい相手の選択肢も狭まります。

なかなか理想の男性と巡り合えず疲れてしまっている方も多いようです。実際に何十人とのデートを重ね、やっと理想の人に出会えた方もいます。数人との出会いで理想の男性が見つかればよいですが、そんな運命的な出会いは稀です。長期に渡る結婚相手探しに疲れ果てて病んでしまう女性も多いです。

しかし、理想の男性と出会うにはとにかく出会いの母数を増やすしかありません。理想の男性と出会えるまでたくさんの人と出会い、デートをしましょう!
プレッシャーを感じながら結婚相手を探すのでは疲れてしまいます。新しい出会いを楽しみながら理想の結婚相手を探しましょう!

②理想の相手が見つかってもうまくいかず病んでいる

理想の相手が見つかったとしても関係が上手くいかず病んでしまう方も多いでしょう。せっかく理想の相手を見つけても、その方と恋人になり結婚するかはわかりません。良いと思った相手ほど上手くいかないのは、恋愛でよくあることですよね。

トライアンドエラーを繰り返すしかありません!前回の反省点を生かし、後ろを向かずに進みましょう!理想を高く持つことも大切ですが、高すぎるのはよくありません。

いいなと思った人となかなか上手く行かない場合は、選ぶ相手を見直す必要があるかも知れません。高すぎる理想を持たず、自分に合う人を見極めることが大切です。

看護師の場合、夜勤があったり相手との生活リズムも大切になってきます。選ぶ相手も看護師の職業に理解のある人の方が上手くいく可能性が高いでしょう。

③そもそも仕事で病んでいるので婚活する気力がない

看護師の仕事は特に人の生死に関わるお仕事です。仕事中は、一切気が抜けませんし神経が磨り減るような事もたくさんあります。なので、身体的にも精神的にも負担が大きい職業と言えます。

夜勤が続いたり、人の死などの局面に立ち会えば体も心も疲弊してしまいます。よって、メンタルの弱い方であればそもそもお仕事で病んでいる方もいます。

お仕事で疲弊してしまった場合は思い詰めずゆっくり休みましょう。心が元気になってから婚活を再開してください。仕事で病んでいる状態で無理に婚活をしても良い結果がでないかもしれません。

仕事で病んでいるときはまずは休養するべきです。心と身体が元気になったら婚活を再開しましょう!また、看護師さんはシフト制で働く方が多くお仕事中心の生活になってしまう方もいます。

忙しくて婚活に割く時間がない!とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。次の章では、効率よく婚活をするための方法を見ていきましょう!

婚活か転職か迷っている看護師へ!どちらを優先するべきか?

周りの同僚は、どんどん結婚し始めているけど、看護師のキャリアを高めていきたいと考える方もいるでしょう。しかし、恋愛も結婚も諦め切れないですよね。「婚活」か「転職」で迷っている看護師さんにどちらを優先すべきなのか考え方をお伝えします。

今の時代は仕事も恋愛も両立OKな時代

現代社会では共働きをしている夫婦が多いです。その理由は、男性の稼ぎだけでは家庭を切り盛りできないこと。もうひとつは女性も仕事をやめずに自分のキャリアを築きたい気持ちが通用しやすい社会になっているからです。

特に看護師という資格は、何歳になっても働くことのできるお仕事です。看護師としてのキャリアを築きつつ、恋愛もできるように試行錯誤および結婚・子育てをしている女性も少なくありません。

婚活と転職の同時進行がオススメ!

今まさに「婚活」か「転職」で迷われているのであれば、2つの同時進行をおススメします。なぜなら、現代は女性がとても働きやすい時代です。看護師はキャリアを積めば給料もどんどん上がっていくことが挙げられます。

これまで一所懸命に仕事をしてきたあなただからこそ、今ここで婚活一本に絞ってしまっては、生きることの楽しさを忘れてしまう可能性だってあるのです。

看護師を続けながら婚活を行う

看護師という仕事をしながらでも婚活することは可能です。また転職をした場合には、その転職先で素敵な異性に出会える可能性もあります。看護師のキャリアや経歴を稼ぎつつ、婚活をするのが良いでしょう。

しかし、人によってはこれまでに仕事と並行して婚活もしてきたけど、「なかなかうまくいかなかった…」という方もいらっしゃるでしょう。

仕事の後は、ぐったりしてしまいますし、休日はゆっくり過ごしたくて婚活する気持ちさえ起きないのかもしれません。そんなあなたは、ゆったりと婚活相手を探してみましょう。

すぐにでも結婚したいなら婚活に注力する

「すぐに結婚したい!周りの人に負けたくない!」と思われている方もいるでしょう。そうなると看護師のお仕事をしながらでは真剣に婚活することもできません。看護師のお仕事をできる限り減少させて、婚活に注力できる環境を作り出しましょう。

婚活パーティはもちろんのこと、あらゆる出会いの場に行くことができます。出会える婚活サイトや婚活パーティなどは、1年間でお相手と成就できることが多いです。

本気で婚活すると決めて、1年間は集中してお相手探しをしてみるのもいいでしょう。そのような期限をもうけておくことで、仕事へ気持ちを戻しやすくなります。

結婚はいつか出来ればいいというスタンスならまず転職しよう

「結婚はしたい…」でも“今”したいわけじゃなくて「いつか出来ればいい」と思っているという方もいるかもしれません。その場合は、思い切って今の病院よりも条件の良い病院へ転職しましょう。

今後、結婚するときに必要なお金を今のうちに稼ぐこともできます。それに運命の人というのは、こちらから探さなくてもそのタイミングがくればあなたの元に必ず現れます。

婚活で病んでいる時の対処法は?どのように婚活をすればいい?

婚活が上手くいかず、どうすればいいかわからない…婚活で病んでいる方の中には、最適な婚活の方法がわからずお悩みの方も多いと思います。看護師さんは看護師さんに合った婚活の手段があります。

婚活する気力があるときは、積極的に自ら動いていきましょう。しかし、なかなか理想の相手に出会えなかったり、理想の相手と上手くいかなかったり…

婚活で疲れてしまった時は、一度立ち止まってリフレッシュしましょう!心や身体が健康でないと婚活も仕事も上手く行きません!
思いつめたまま婚活を続けてもスムーズに進行しないことが多いです。

そんなときは、気分転換をしたり婚活をお休みする判断をすることも大切です。婚活は、自分の未来のパートナー探しです。

暗い気持ではなく、ポジティブに活動していけるようにしましょう!

 

結婚してからも看護師は続けられる?夜勤はみんなどうしてるの?

結婚が決まったけれど、今は夜勤もしっかりこなす看護師だとすると今後の仕事について悩むものです。このまま看護師を続けるのか、続けるとしても夜勤はどうなるのか。あなたもそのような悩みを持っているのではありませんか?

大好きな人との夜の時間を満喫したい、でも稼ぎがよくなるから夜勤は出たい…なんてこともあるでしょう。看護師が結婚した場合、看護師を続けることができるのでしょうか。また、続けた場合の夜勤はどうしているのかをお伝えします。

結婚してからも看護師を続けている人は多い!

結婚してから看護師をやめる人よりも、そのまま看護師として働き続ける人が多いです。これは、現代日本での”共働き”が通常になっているという時代背景もありますが、女性としてキャリアを築き続けることで結婚しても一人の人として自立できるという理由があります。

また、「子供ができるまで」とか「旦那の転勤が決まるまで」と条件付きで看護師を続けている人もいます。それになにしろ、看護師をやめようとしても医療現場では看護師不足であることもあり、職場の状況を見ると「やめにくい」という理由もありました。どのような理由にせよ、結婚を機会にして看護師をやめる人は少ないということです。

結婚後の夜勤については人それぞれ

結婚してからも看護師として働いているということは、もちろんのこと”夜勤”もしっかりこなすことになります。病院側との契約条件によっては、もともと夜勤のない雇用条件であることもあります。

その場合には関係ありませんが、すでに夜勤をこなす看護師として活躍している場合、他の看護師たちは結婚後にはどのような対応をとったのでしょうか?ここでは、結婚後の夜勤についてどのような対応をとったのかを見ていきます。

家族の了解を得て夜勤も続行

結婚しても看護師として働いているほとんどの方が、家族の了承をしっかり得て夜勤を続けています。その理由として、夜勤をこなすことで収入が増えること、さらに職場の人不足もあるのでなかなか夜勤のない雇用条件に変更しづらいことがあげられます。

夜勤の日には、旦那さんと会うことができない方も多いです。それでもなお、お互いにお互いの仕事を全うしているからこそ、信頼関係が築けます。そして、時には会えない時間を作ることによって、夫婦関係のマンネリを防ぐこともできるなんていう意見もあります。とはいえ、夜勤を続行するためには、家族にはなんらかの負担を負わせることになる可能性もあるため、必ず家族や協力してくれる親族の了承が必要となります。

病院側がよければ夜勤をやめることも

病院との雇用契約を変更することができれば、夜勤をやめて日勤または早日勤のみの看護師として働くことができます。そうすれば、旦那さんとの生活リズムを合わせることができるので、他の家庭と変わらない状況を作り出すこともできるんです。

とはいえ、現代の医療現場でははっきり言うと看護師の人員不足となっており、なかなか雇用条件を変更することはできないと思ったほうがいいでしょう。

あなたの勤務先状況や望むライフスタイルで選ぶ

何度も繰り返しとなってしまいますが医療現場での人員不足状況、または望んでいるライフスタイルによって、夜勤をどうするかを決断している方が多いです。とはいえ、やはり8割方がそのまま夜勤をこなしています。

究極論ではありますが、人はいつ死ぬのかわかりません。そのため、今の働けるうちにしっかり稼いで貯蓄を作っておくという意味でも、そのまま夜勤で働き続けることをおすすめします。

子供ができた場合の夜勤はみんなどうしてる?

結婚してすぐに子供を授かることもあります。子供の出産間近まで病院で働いている方も多いですが、出産後の育児する場合には夜勤をどうしているのでしょうか?昔では、親や親族に子供を預けるのが一般的でしたが現代では身内を頼らない人が続出しています。

近くに住んでいる親や親族に子供を預ける

自分自身がよく知っている相手に子供を預けるのが安心として、家や勤務先の近くに住んでいる親や親族に子供を預けている人がいます。この場合、”親族である”ということから安心して仕事に勤務することができます。

病院に提携されている託児所に預ける

病院によっては働いている看護師のために、24時間託児所を併設していることもあります。なかには、そのような病院併設の託児所に子供を預けて看護師として働いています。この場合、託児施設は勤務先の病院の施設内または近隣に建てられています。そのため、子供に何かあったときにはすぐに会いに行けるのがうれしいポイントです。

市町村の保育所・保育園・託児施設に預ける

実家が遠かったり、病院に併設する託児施設がない場合には、市町村や非公認団体の託児施設に預けている方もいます。今では24時間営業でご飯もしっかり食べさせてくれる託児施設があります。しかし、勤務先から遠くなってしまうことが多くお迎えが遅くなるなんてことも。

そもそも夜勤をしない

「子供といつでも一緒にいたい」という気持ちから、何が何でも夜勤のない看護師として働く人もいます。この場合、もともと務めていた病院をやめて条件のいい病院に転職しているケースがほとんどです。転職すれば、こちら側の望んでいる雇用条件が得られるからです。

看護師の婚活や恋愛には「ちょっとした一工夫」が効果的!

看護師のように特殊なスタイルの仕事に従事していると、どうしても「普通に」出会って「普通に」結婚まで漕ぎつけるという恋愛のハードルが高くなってしまいがちです。しかし、悲観してしまう必要はありません。

出会いのきっかけや相手の選び方、付き合い方などそれぞれの段階で「ちょっとした工夫」を加えるだけで、看護師の恋愛はもっとやりやすくなるのです。

今回の記事を参考に、是非仕事と恋愛の両立を目指してみてください。