婚活パーティー

婚活パーティーは、パーティー選びで結果が決まっている!あなたに合う婚活パーティーとは?

婚活パーティーは、パーティー選びで結果が決まっている!あなたに合う婚活パーティーとは?

婚活パーティーでうまく行っていないという人は、婚活パーティー選びが間違っているかもしれません。

まり先輩
まり先輩
私も婚活パーティーに参加し始めた頃は、場の雰囲気にうまく馴染めずに「良いなあ」と思う男性がいても連絡先交換まで行けずに悔しい思いをしていました。

その理由は何でしょうか?

  • 美人ではないから?
  • 年齢が30代だから?

理由は様々ありますが、問題は「自分に合っていない婚活パーティーに参加してしまっていた」ことかもしれません。婚活パーティーは、「パーティー選びで結果が決まっている」と言っても過言ではありません。

どこの婚活パーティーに参加しても同じだろうは間違い!

「婚活パーティーによってそこまでの差はないだろう」と思いがちですが、実はそれは間違いです!

まり先輩
まり先輩
私自身もパーティーの内容が優れていても「自分と相性の良い人や自分を良いと思ってくれる相手がいなければ始まらない」と考えていたことがあります。

婚活パーティーにはいくつかの種類があって、主なものはフリースタイル型、イベント型、着席型です。

パーティーごとに見ていきましょう。

フリースタイル型とイベント型の婚活パーティー

婚活パーティーで参加しやすいのは、フリースタイル型とイベント型です。実際に参加されたことがある方も多いのではないでしょうか。

この2つの婚活パーティースタイルは、自分をアピールする術に長けている人でないと厳しいです。自分から積極的に男性に話しかけて、「自分はこんな女性です!」とアピールしなければ存在を知られないまま終わります。

例をあげれば、人気があって周りにたくさん女性が集まっている男性のもとに行き、「私も見てください!」ということができる人でないと厳しいです。

着席型の婚活パーティー

着席型の婚活パーティーは、お見合いに近いかたちでおこなわれます。こちらは男性と女性が1対1で話す機会を設けてくれます。

自分から「私も見てください…」というアピールをしなくても話はしてもらえるので、男女ともに目立たないおとなしいタイプでもチャンスがゼロではありません。

もちろん話す機会をチャンスに変えられるかは自分次第ですが、正直ここでも勇気が出なければ婚活は厳しいです。

人は見た目じゃないけれど、外見を整えることも重要

パーティーでの第一印象がとても大切です。

まり先輩
まり先輩
「人は見た目じゃない、中身で勝負!」と私も思いますが、現実の男性の見る目はかなり厳しいです!

中身を見てもらう前にまず条件の良さを求められることがあります。そのため印象に残りやすいファッションや振る舞いを考えることはとても重要です。
具体的はアドバイスとしては、

  • 黒や紺色などの暗めの色を避ける
  • 春夏は淡い色合い
  • 秋冬はややこっくりした色合いのものもプラスする

など季節感を演出できるようにしましょう。また派手な柄物は避けて全体的に柔らかい雰囲気に仕上がるようにも注意しましょう。

姿見を持っていない女性は、ファッションにこだわるためにも姿見を購入しましょう。姿見は全体的なファッションの統一感やバランスを見るだけではなく、体型の変化にも気づきやすいのでおすすめです。

女性誌や女性向けのサイトなどで「婚活リップ」「モテシャドウ」などの見出しを見て、モテることだけ考えるとか浅はかだなと思っていた時期が私にもありましたが、男性と良い雰囲気になるためにはまず外見で「あ、この人良いかも」と思ってもらう必要があります。

このようなメイクの特集はとてもためになりますし、顔を華やかに明るく見せてくれる色合いの製品が多いので毛嫌いせずに研究の一つとして参考にしてみてください。

特に私のような自分を積極的にアピールしにいけないタイプの女性は「おっ」と思ってもらうことがとても重要なので、ぜひ取り入れることをおすすめします。

まとめ

婚活パーティーの場に慣れてきたら、出会いのチャンスを広げるためにフリースタイル型やイベント型にも参加してみるのも良いでしょう。

そこで人気の女性はどんなタイプかも確認できますし、ファッションやメイクなど自分のできる範囲で取り入れられる参考になるポイントも見つかります。

ABOUT ME
まり
まり
当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。看護師さんの婚活にお役立ちできる情報を提供していきます。