婚活がうまくいかない時

バツイチ子持ち男性との結婚はどう?幸せになれる?

バツイチ子持ち男性との結婚はどう?幸せになれる?

多くの女性の場合恋に落ちてしまえば、たとえそれがバツイチ子持ち男性であってもいた仕方ないことがあります。しかし婚活となるとどうでしょうか?婚活での出会いでは相手がバツイチかどうか、また子供がいるかどうか、これは重要なポイントです。そこで今回は「バツイチ子持ち男性との結婚」について解説をします。

婚活では必要ない?バツイチ子持ち男性との出会い

婚活では相手男性に既婚歴がある場合、それははっきりとプロフィールに明記されるようになっています。

ですが離婚にどんな理由があるかもわからないうちに、お会いすること自体を最初から切り離して考える女性がいます。

確かに、バツイチ子持ち男性と結婚をすれば親から心配される可能性はありますし、無理にバツイチ男性との出会いをおすすめするというものではありません。しかしこういう女性に限って結婚できないと嘆いていることが多いのです。

特にアラフォーにもなれば、女性はその年齢というだけで出会いも少なくなり、婚活の疲れも費用もどんどん積み重なっていく頃。そんなところにポンとバツイチ子持ち男性との出会いがあり、彼の人間性に惹かれて結婚する例は少なくないのです。

意外なことに婚活は数打ちゃ当たるところがあるので、この「質と量のバランス」が何より大事。縁さえあれば後はとんとん拍子に進むものを、自らが弾いていてはひょっとすると掴める幸せを逃しているのかもしれません。

結婚には縁を手繰り寄せる出会いが全てであり、会ってみなければわからないことも。

婚活を長年続けて“いきづまり”を感じる人や、ピンとくる男性が未だ現れないという人は、一度バツイチ子持ち男性との出会いを視野に入れてみるだけで、世界が変わるかもしれません。

婚活でのバツイチ子持ち男性との出会い…結婚のメリットはあるのか

婚活をしている人の多くは、条件がいくら大切だと口では言っていても、本心では「好きな人と出会って結婚したい」と思っているのではないでしょうか。

しかし30代も過ぎ、アラフォーにもなれば恋愛経験が全くないという女性は少ないかもしれません。

彼女たちは恋愛経験があっても、それが結婚に結びつくことことがなかっただけ。

ですが一度でも人を好きになったことがある人であれば、結婚相談所での出会いはいささか“物足りない”と感じることもあるでしょう。

何故ならば、婚活で出会う男性のほとんどは紳士的ですが、ドラマチックな展開にはまずなりにくいです。まずはお相手女性に失礼のないよう、距離を持って接すること、それが婚活のセオリーだからです。

しかし、バツイチ子持ち男性においては、様々な経験から女性の接し方においては手慣れていますし、包容力もあります。

なので、一辺倒な婚活での出会いとはいえ恋に落ちる可能性が高いといえるでしょう。

また結婚相談所のアドバイザーによれば「離婚理由が浮気などの一方的に自分に非がある場合は、こういうところにはまず来ないじゃない?」とのこと。確かに、親権を取るのは母親の方が圧倒的有利だというこの日本で、子供が父方につくというのは、相手に逃げられたか?あるいは相手の不貞か……?そのような考えが頭に浮かびます。そして一度結婚に失敗したのに、その彼が「婚活」をしているのですから、そのモチベーションにおいては誰よりも高く、家庭を大切にしようとするでしょう。結婚をしたいかどうかわからない……といった婚活疲れに直面した女性を結婚まで導いてくれるのには、まさにうってつけの存在と言えます。

バツイチ子持ち男性と結婚することのデメリットについて

ただ、バツイチ子持ち男性と結婚をすると夫婦そのものの関係の構築以前に、子供を第一優先にすることで振り回されてしまう可能性があります。

彼と結婚前提におつきあいをするのであれば、そのことを理解することが第一歩。また男性の子供が元妻に引き取られている場合でも、女性にとって全く関わりあいがないわけではありません。

忘れてならないのはお金の問題です。

養育費を払っている場合は1人3万円、2人で4万円〜6万円。月々の収入から自動的に差し引かれ、学費などでそれ以上にかかる場合も想定されます。

そのため関わりたくないとこちらがいくら思っていたとして、子供のことで元妻とのやりとりをしなければならないかもしれません。

さらには万一元妻に何かあるようなことがあれば、子供を引き取ることも頭に入れておかなければなりません。

このようにバツイチ子持ち男性と結婚することはリスクを踏まえた覚悟が必要です。

また、今は相手男性が好きという気持ちが強くても夫婦になればいずれ熱も冷め、落ち着くときが必ずきます。

そのとき残るのは先に述べた「質」の部分であり条件です。

結婚に後悔はある意味つきものかもしれませんが、冷静になればどんな人にも多少は気になるところが出てくるというもの。

その上で、この条件が「自分の決断」としてこの先やっていけるかどうかということ。それは胸に手を当てて考えてみる必要があるでしょう。

まとめ

結婚して子供が生まれれば、多くの男性は細かいことは女性に任せっきりになることが多いもの。

しかしそれと比べ彼らが子供と関わってきたことは、すごいと言えます。そしてそんな彼を尊敬し、信じることができるあなたは、この先きっと幸せになれると思うのです。

ABOUT ME
まり
まり
当メディアの編集長です。全記事の編集・校正を担当しています。看護師さんの婚活にお役立ちできる情報を提供していきます。